EdgeIPS™ Pro

大規模OT環境向け、多ポート産業制御装置用IPS

OTコアネットワーク防御用、多ポートIPSアレイ装置

EdgeIPS™ Proには、48ポートの標準的な1Uラックマウントまたは96ポートの2Uラックマウントがあり、大規模環境の防御が可能です。モジュールカードは、さまざまなネットワーク環境に柔軟に対応します。EdgeIPS Pro は監視モードを防御モードを切り替え、スムーズなセキュリティを実現します。

ITフレンドリーな導入と管理

EdgeIPS™ Proは、大規模な生産ライン向けに設計されたサイバーセキュリティアプライアンスです。業界のリーダーからのフィードバックに基づいて構築され、OT環境のマルチセグメンテーションをネイティブにサポートします。EdgeIPS™ Proを採用している工場や作業現場は、一元管理、運用の継続性、現場の保護、柔軟な導入という利点を享受できます。

リスクを軽減し、ネットワークを保護

高度な内部セグメンテーションIPSを利用して、大規模なOTネットワーク環境にネットワークセグメンテーションを実装します。既存のネットワークアーキテクチャを変更する必要はありません。EdgeIPS™ Proは、内部横感染をはじめ、大規模感染を防止し、サイバーセキュリティのリスクを軽減します。

高性能

生産ラインには遅延のない通信環境が求められます。EdgeIPS™ Proの高性能な設計により、脅威の横展開(ラテラルムーブメント)を制限し、遅延を最小限に抑えながらサイバー攻撃を防止します。1U EdgeIPS™ Pro 1048は最大10Gbps、2U EdgeIPS™ Pro 2096は最大20Gbpsの通信を監視し、脅威対策が可能です。

運用の継続性を確保

EdgeIPS™ Proは、Gen 3ハードウェアバイパスと冗長電力を備えた運用の継続性を実現し、フェィルセーフを保証する設計になっています。

EdgeIPS™ Pro

システムの脆弱性を保護

シグネチャベースの仮想パッチは、Edgeシリーズのコアテクノロジーです。サポート終了後のシステムやパッチを適用できない専用端末、またレガシー資産など重要システムを仮想パッチ技術で保護します。

Edgeシリーズの柔軟な管理のために
OT Defense Console (ODC)

EdgeIPS™ Proを始める