つながる工場に必要なセキュリティとは 

~攻撃の手口と他社の対策事例をご紹介~

昨今、工場のサイバー攻撃被害事例が増加しています。IoTの普及によって工場がインターネットにつながり、セキュリティインシデントに起因する操業停止や信用失墜といった、リスクを考慮する必要が出てきています。

本セミナーでは、取り組むべき工場セキュリティに重点をおいて脅威の実態、必要な対策、他社対策事例をご紹介させていただきます。

開催概要

オンラインセミナー

配信日時 2020年9月15日(火)15:00 ~ 16:30(開始10分前から参加可能)
参加費 無料
定員 100名
主催社名 SCSK株式会社
共催社名 トレンドマイクロ株式会社
配信方法 Zoom

アジェンダ

時間 内容
15:00 ~ 15:10 開催挨拶
15:10 ~ 15:40 つながる工場におけるサイバーセキュリティの脅威とその対策について

工場では更なる効率化・自動化のため、IT技術によるソフトウェア制御、システムのオープン化・標準化に加え、IoT導入が進み、スマート化が進行しています。反面、システムがネットワークを介してつながることにより、侵入経路および攻撃対象が増え、サイバーリスクが増加しております。
脅威動向・被害事例を踏まえ、サイバー攻撃からの守り方、多層防御の考え方をご説明致します。

トレンドマイクロ株式会社
業種営業推進部 エキスパートグループ シニアアカウントマネージャー 曽我 隆志
15:40 ~ 16:10 今後変化していく工場環境で整理すべきこと

刻々と進化していく技術を取り込みながら、多様化していくセキュリティの脅威に対応していくためにはセキュリティポリシー、技術的対策、運用、体制の定期的な見直しと改善のプロセスの構築が重要です。本セッションでは、事例を踏まえながら見落としがちである基本的なポイントについてご説明いたします。

SCSK株式会社
基盤サービス事業本部 セキュリティサービス部 コンサルティング課 課長 丸川 信次郎
16:10 ~ 16:30 Q&A