ひとり情シス時代のセキュリティ運用最適解
~ログ地獄からの脱却~

悪質かつ巧妙化するサイバー攻撃に対し、侵入されることを前提としたセキュリティ対策が求められ、「多層防御」という考え方が当たり前になりました。
しかし、理想的な多層防御の実現には「コスト」・「マンパワー」・「スキル」、といった様々な課題が存在します。
リソースやスキルの不足などの理由により専任チームで運用することが難しいのが現実です。

本セミナーでは、最新のセキュリティ事情と効率良いセキュリティ運用のポイントをご説明いたします。
また、多忙なひとり情シスながら、戦略的なセキュリティ運用を実現した事例もご紹介いたします。

開催概要

東京

開催日時 2018年12月6日(木)15:00~17:30(14:30開場)
主催社名 株式会社ソフトクリエイト
定員 30名
会場 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー
会場地図
最寄り駅
・JR「渋谷駅」東口(徒歩 10分)
・東京メトロ「渋谷駅」15出口(徒歩 5分)

アジェンダ

時間 内容
14:30 開場
セッション1
15:00~15:40
100% 防ぐことは困難!標的型サイバー攻撃の効果的な防ぎ方とは?

これまでに公表された標的型サイバー攻撃事例の多くでメールをきっかけに、内部ネットワークへ侵入されています。
人とシステムの脆弱性をつく標的型メールを100%防ぐことはとても困難な状況となっています。
侵入後の対策として、どの端末が被害にあっているのか?どのような活動を行っているのか?を一目で把握する内部ネットワークの可視化が必要です。
本セッションでは、組織のセキュリティを担うIT管理者の方向けに、標的型サイバー攻撃の対策のポイントから、行うべき対処に至るまで解説します。

講師:トレンドマイクロ株式会社
セッション2
15:50~16:20
城から学ぶ!?多層防御の有効性とセキュリティ運用の鍵

昨今は侵入が当たり前のセキュリティ対策が必要で、多層防御の考えを取り入れたセキュリティ対策を行う企業が増えています。
本セッションでは、日本の城!?に例えて多層防御の必要とセキュリティ運用についてご紹介いたします。
また、併せて企業のネットワークを守るためのポイントを城に例えてご紹介いたします。
日本のどの城で例えるのかは、、、お楽しみです♪

講師:株式会社ソフトクリエイト
セッション3
16:30~17:10
ひとり情シスのキモは”効率 ”にあり。 ~実践!セキュリティ運用「手をかけるトコ、かけないトコ」~

800名を管理するひとり情シスであるとともに、ISMS、個人情報保護、CSIRTの管理責任者を務める情シス担当が、セキュリティ対策を含めた情シス運用の効率化を実現した取り組みを語ります!
当たり前にやっていた業務を捨て、どんな効果を得ることができたのか。そこにどんな課題があったのか?すぐに実践できる、戦略的セキュリティ運用のヒントが得られる情シス担当必見のセッションです。

講師:株式会社ソフトクリエイトホールディングス
セッション4
17:10~17:30
ひとり情シスでも実現できる大企業レベルのセキュリティ運用とは ~セキュリティ運用を忘れる~

中堅・中小企業の悩みの根本にあるセキュリティ運用における「出来ない」「足りない」「かけられない」を解消できる、 新しい SOCサービス『Security FREE』をご紹介させて頂きます。

講師:株式会社ソフトクリエイト
17:30~ 個別相談