夏休みに家庭のネットワークセキュリティを見直そう!

「ウイルスバスター™ for Home Network」50組 無料体験モニター募集開始

2017年7月20日

トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:エバ・チェン、東証一部:4704 以下、トレンドマイクロ)は、家庭内の複数のスマート家電(※1)をまとめて守るホームネットワークセキュリティ製品「ウイルスバスター for Home Network」の無料体験モニターを50組募集します。
モニターのみなさまには、「ウイルスバスター for Home Network」を各家庭に設置し、家庭内での設置状況や運用状況、感想などについて、写真や動画なども含む定期的なレポートを行っていただきます。モニターへの参加、モニターへの応募条件は以下公式サイトからご確認いただけます。
※1 インターネットに接続可能なデバイス

公式サイト

近年、家庭ではパソコンやスマートフォン以外にゲーム機、Webカメラ、スマートテレビなどのスマート家電がインターネットに接続されています(※2)。スマートテレビに感染し画面をロックするランサムウェアや、スマート家電を不正サイトへ誘導する攻撃など様々なサイバー攻撃が発生しています。加えて、SNS(Social Networking Service)や動画視聴によるインターネットの利用時間や有害サイトへのアクセスなど家庭内でのお子様のインターネット利用への課題を抱えているご家庭も見られます。トレンドマイクロの調べでは、お子様のSNS利用において、6割以上の保護者が何かしらのトラブルを懸念していることが明らかになりました。具体的には、34.1%の保護者が「熱中して、勉強などの生活習慣に悪影響が出てしまう」、21.0%が「フィッシング詐欺サイトや偽サイトなど不正サイトに接続してしまう」ことを懸念と感じています(※3)。
※2 2017年6月トレンドマイクロ調べ:ホームネットワークに繋がる機器の中で、パソコン/スマートフォン/タブレット以外の機器は36.4%を占める
※3 2017 年4月トレンドマイクロ調べ:「子どものSNSコミュニケーションに関する実態調査 2017」

本モニターは、夏休みに入りお子様が家庭でパソコンやスマートフォン、ゲーム機などによるインターネットの利用機会が増えることを想定し、この機会に家庭のネットワークセキュリティを見直して頂くことを目的に行います。トレンドマイクロでは、この長い夏休み期間を、家庭におけるインターネットセキュリティ見直し月間と位置づけ、本モニターの他、様々なセキュリティ啓発プログラムを提供します。具体的には、トレンドマイクロが運営するインターネットセキュリティ総合情報サイト「トレンドマイクロ is702」にて、インターネット犯罪やトラブルからお子様を守るために、保護者が行うべき教育と対策のポイントについてまとめた情報を発信していきます。さらに、7月27日(木)から全国4か所にて小学校高学年のお子様とその保護者を対象にした夏休みセキュリティ教室を開始します。夏休みセキュリティ教室では、架空請求やアカウント乗っ取り、不正アプリなどお子様が遭遇する可能性のある最近のサイバー犯罪の手口を分かりやすく解説します。またタブレット端末を使ったセキュリティクイズと、暗号解読ゲームを行うなど、楽しみながら親子でセキュリティの大切さを学ぶことができます(※4)。
※4 夏休みセキュリティ教室の詳細およびお申込みはこちら

1.インターネットに露出した医療機関の機器は全世界で10万件以上

当社は、2017年2月にインターネットに接続している機器を対象とする検索エンジン「Shodan」を利用し、医療システムのセキュリティ状況について調査を行いました。その結果、10万1,394件の医療関係と思われる機器などがインターネットを介して外部から直接アクセス可能な状態であることが分かりました(グラフ1)。うち、日本は約1.8%という割合であるものの、カナダ・米国についで3番目となっています。特に、医療業界の情報漏えいが顕著な米国では、3万6,116件の医療関係と思われる機器がインターネットからアクセス可能な状況となっており(※1)、通常インターネットを介して個人情報をやり取りする際に用いられる暗号化通信「SSL(Secure Sockets Layer)」が使用されていない医療機器・ネットワーク等のIPアドレスは2万件以上に上ることが分かりました(※1)。

家庭内の複数のスマート家電をまとめて守るホームネットワークセキュリティ製品
「ウイルスバスター for Home Network」

「ウイルスバスター for Home Network」は、家庭のネットワークに接続するパソコンやスマートフォン、ゲーム機、Webカメラ、スマートテレビなどの機器に対する外部からの侵入や攻撃の実状を知ることで家庭のセキュリティ環境の実態を確認するとともに、それらの脅威をブロックします。さらにはペアレンタルコントロール機能を利用することで、家庭内ネットワークでのお子様のインターネット利用時間や閲覧可能サイトを制限できます。それにより、インターネット利用時間の増加防止やフィッシング詐欺サイトや偽サイトなどの不正サイトへの接続を防止できます。「ウイルスバスター for Home Network」は家庭内のルータに繋ぐだけで簡単に設置できます。

モニターへの応募概要は以下の通りです。

■モニターの流れ:

■無料体験モニター対象製品: 「ウイルスバスター for Home Network」

■応募期間: 2017年7月20日 11:00 ~ 8月2日 24:00

■モニター期間: 2017年8月7日~8月27日
※ ご希望の方にはモニター期間後も最長1年間(モニター期間含む)、無償でご利用いただけます。

■応募人数: 50組(各家庭に1台) ※ 各家庭における代表者により1回応募いただけます。

■応募資格:
●以下に該当し、家庭のネットワークセキュリティを見直したい方
① 家庭でパソコン、スマートフォン、ゲーム機や、スマートテレビ、Webカメラなどのスマート家電をご利用中の方。
② お子様のインターネットの利用時間やサイト閲覧に不安を抱いている方。
●「ウイルスバスター for Home Network」を導入した感想など、定期的に当社指定のフォーマットによるフィードバックをご提出いただける方。

■抽選・当選発表:モニターに選ばれた方は、事務局より個別にご連絡します。 

■当選内容:「ウイルスバスター for Home Network」無償提供1台および1年間のサービス
※ 次年度以降もサービスの継続をご希望される場合は、別途ご契約が必要となります。
※ すでに「ウイルスバスター for Home Network」をお持ちの方には、ご利用可能期間を1年間延長します。


■お申込み方法:以下公式サイトからお申込みください。
http://safe.trendmicro.jp/tmcp/

※ 本リリースは、2017 年7月20 日現在の情報をもとに作成されたものです。今後、価格の変更、仕様の変更、バージョンアップ等により、内容の全部もしくは一部に変更が生じる可能性があります。
※ TREND MICRO、ウイルスバスターおよびis702 はトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。