セキュリティ技術の競技大会「Trend Micro CTF Asia Pacific & Japan 2015」を開催

~セキュリティ技術実践の場を通じて、安全なインターネット社会の実現を目指す~

2015年7月15日

トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン 東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、セキュリティ技術の知識や実践力を競い合う競技大会「Trend Micro CTF Asia Pacific & Japan 2015(以下Trend Micro CTF(※1))」を開催します。

近年、標的型サイバー攻撃は、機密情報や個人情報窃取を目的として業種や規模に関わらず様々な企業/組織へ行われています。また、IT環境は仮想化、クラウド、あらゆるIT機器がインターネットに繋がるIoT(Internet of Things:モノのインターネット)へと急激に変化しています。新たなIT技術の普及に伴い、IT環境とサイバーセキュリティの脅威は、これまで以上に高度かつ複雑なものになり、安全なインターネット社会の実現にはセキュリティ技術の知識と実践力の強化が必要です。トレンドマイクロはインターネットセキュリティのリーディングカンパニーとして、Trend Micro CTFを通じて、インターネット社会全体の技術力向上を目指します。

Trend Micro CTFは、「標的型サイバー攻撃」、「IoT」、「制御システム」などのカテゴリに関する問題が出題され(※2)、「オンライン予選」の後、日本国内(東京都新宿区)で「決勝戦」を開催します。オンライン予選では、設問30問(6カテゴリ各5問)を参加者が解いていき点数を競う「ジェパディ(Jeopardy)」形式で行います。決勝戦は、オンライン予選を通過した上位10チームが、攻防戦を繰り広げる「アタック・アンド・ディフェンス」形式で行います。決勝戦優勝チームは、賞金100万円ならびに2015年12月に台湾で開催される「HITCON CTF FINAL 2015」決勝戦の出場権を得ることができます。

Trend Micro CTF Asia Pacific & Japan 2015 オンライン予選概要

開催日時:2015年8月22日13:00~23日13:00
参加条件:日本を含むアジア・パシフィック地域在住者(※3)、20歳以上
競技内容:「ジェパディ(Jeopardy)」形式
場所:オンライン(インターネット接続要)
受付開始日:2015年7月15日 詳細はこちら(http://www.go-tm.jp/ctf2015_jp)をご覧ください。

Trend Micro CTF Asia Pacific & Japan 2015 決勝戦概要

開催日時:2015年11月21、22日
参加対象者:オンライン予選通過上位10チーム、1チーム最大4名
競技内容:「アタック・アンド・ディフェンス」形式
会場:ベルサール西新宿 1Fホール(http://www.bellesalle.co.jp/room/bs_nishishinjuku/access.html
賞品:
 優勝チーム:賞金100万円、「HITCON CTF FINAL 2015」決勝戦出場権
 2位チーム:賞金30万円
 3位チーム:賞金20万円 

※1 CTFはCapture the Flagの略で、セキュリティの知識や技術、実践力を競い合う競技大会です。
※2 設問のカテゴリと内容については変更する可能性があります。
※3 アジア・パシフィック地域は、以下の地域・国を指しています。
オーストラリア、バングラデシュ人民共和国、ブータン王国、ブルネイ・ダルサラーム国、カンボジア王国、中華人民共和国、香港、マカオ、フィジー諸島共和国、インド、インドネシア共和国、日本、キリバス共和国、大韓民国、台湾、ラオス人民民主共和国、マレーシア、モルディブ共和国、マーシャル諸島共和国、ミクロネシア連邦、モンゴル国、ミャンマー連邦、ネパール王国、ニュージーランド、パラオ共和国、パプアニューギニア、フィリピン共和国、サモア独立国、シンガポール共和国、ソロモン諸島、スリランカ民主社会主義共和国、タイ王国、東ティモール、トンガ王国、ツバル、バヌアツ共和国、ベトナム社会主義共和国

■ 修正履歴:2015年9月10日 決勝戦の会場変更のため記載内容を修正しました。

※ TREND MICROはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。