本製品は、セキュリティソフトをインストールできない接続機器を乗っ取りや遠隔操作などから守りたい場合や、
有害なサイトへのアクセスを一括で防御したい場合などに有効です。
USBメモリや、メールに添付されてくるウイルスなど、ネットワーク上の攻撃でないものやご家庭のネットワーク外での
端末ご利用時は本製品の保護対象外となりますので、PCやスマートフォンには従来のセキュリティソフトが必要です。

製品アップデート情報

日付 本体ファームウェアバージョン カテゴリー アップデート内容
2019/11/19 2.5.455
ユーザビリティ
<改善>
・デバイス認識モジュールのアップデート:デバイスの認識率アップと、認識デバイス種類の増加
その他
・バグの修正、細かい改善
2019/10/2 2.0.439 その他 バグの修正、細かい改善
2019/9/11 2.0.437
2019/9/5 2.0.435
2019/8/15 2.0.432
2019/8/8
2.0.422 セキュリティ <新規>
・ホームネットワーク内の機器をスキャンし、脆弱性を見つけたら対応方法と共に表示する脆弱性診断機能
ユーザビリティ <新規>
・音声操作機能 ※トレンドマイクロ版のみ
<改善>
・ネットワークモード強化(4モードをUI上に表示)
・同一デバイス名の表示方法を改善
その他
・ベータプログラムの追加
・バグの修正、細かい改善
2019/4/23 1.9.361 その他 バグの修正、細かい改善
2019/4/18
1.9.359
あんしんネットアシスト <新規>
・「あんしんネットアシスト」という機能カテゴリ名をアプリ上に表示
ユーザビリティ <新規>
・製品アクティベーション時に特定の条件下で、ネットワークモードを自動で切り替える機能を追加
<改善>
・ライセンスのアップデート方法についてのFAQをアプリのヘルプ項目に追加
・アプリ上の時間表記を24時間表記に修正
・セキュリティログを一日単位で集約して表示
その他
・セキュリティ・アップデート(パターンなど)
・バグの修正、細かい改善
2019/1/16
1.8.339
セキュリティ <新規>
・新規デバイスのネットワークアクセス許可機能
<改善>
・リモートアクセスからの保護が、ブロックだけではなく通知も可能に
・ネットワーク攻撃発生時のイベント通知内容が詳細に
あんしんネットアシスト
(ペアレンタルコントロール)
<新規>
・「インターネット時間制限」が、ネット利用ルールのキャンセルやネット利用の停止・再開を任意のタイミングで実施できる「インターネットタイマー」として生まれ変わりました
・YouTubeに特化したネット利用ルール設定機能
<改善>
・フィルタリングカテゴリの追加
・保護レベル別にフィルタリングが設定可能に
ユーザビリティ <改善>
・デバイスアイコンの追加
・管理アプリの日本語文言を見直と修正
その他
・セキュリティ・アップデート(パターンなど)
・バグの修正、細かい改善
2018/11/20
1.7.319
セキュリティ <改善>
・ネットワーク攻撃検知時の説明文章の修正
あんしんネットアシスト
(ペアレンタルコントロール)
<改善>
・不適切アプリリストの更新
その他
・データ収集に関する情報開示ならびに同意取得プロセスの改善(iOSアプリのみ)
・セキュリティ・アップデート(パターンなど)
・バグの修正、細かい改善
2018/8/2
1.7.304
ユーザビリティ
<改善>
・アプリ画面遷移をよりわかりやすく
・ヘルプページの向上
・デバイス情報ページにホスト名の項目を追加
その他
・EU一般データ保護規則(GDPR)への対応
・セキュリティ・アップデート(パターンなど)
・バグの修正、細かい改善
2018/4/19
1.6.278
ペアレンタルコントロール
<新規>
・コンテンツフィルタリング機能の追加。Webアクセス時にGoogle safe searchおよびYoutube制限付きモードへリダイレクトし、望ましくないコンテンツを含むコンテンツを表示しないようにします。(初期設定はオフ)
ユーザビリティ
<改善>
・ファームウェアアップデート前にアプリインストールをして、アプリ上でファームウェアアップデートの進捗確認が可能に
・ダッシュボードのサマリページから、詳細ページへ推移が可能に
・類似デバイスの再設定チュートリアルの表示
・アイコンバッジを見やすく改善
その他
・セキュリティ・アップデート(パターンなど)
・バグの修正、細かい改善
2018/1/16
1.5.246
ペアレンタルコントロール
<改善>
・曜日ごとのルール設定
・複数ルールの設定
・1日のインターネット利用可能時間の制限
セキュリティ
<新規>
・「リモートアクセス防止機能」の追加。リモートアクセスツールの利用を停止し、該当ツールによる詐欺などを防止します。(初期設定はオフ)
・Web脅威対策に「安全でないファイルをブロック」を追加。(初期設定はオフ)
ユーザビリティ
<新規>
・デバイス別のネットワーク使用量の表示
その他
・特定デバイスを保護対象外とする設定の追加
・セキュリティ・アップデート(パターンなど)
・バグの修正、細かい改善
2017/10/19
1.4.222
ユーザビリティ
<新規>
ダッシュボードページ
・過去1ヵ月の攻撃履歴まとめ
・家族別設定へのショートカット
・攻撃を受けた機器をランキング表示
その他
契約更新の仕組みを追加
セキュリティ・アップデート(パターンなど)
バグの修正、細かい改善
2017/8/7 1.3.205 ユーザビリティ <改善>
攻撃履歴の表示内容を追加、最適化
<新規>
不正サイトへのアクセスの保護機能の体験
<新規>
許可リスト:全ての接続端末に適用されるWTPホワイトリスト機能
セキュリティ <新規>
ホームネットワーク内の通信保護機能:同じネットワーク内にあるデバイス同士間の攻撃を検知・ブロック(初期設定はオフ)
<新規>
各デバイスの詳細情報に、ポートの利用状況を追加
パターン等のセキュリティ・アップデート
ホームネットワーク可視化 <改善>
「デバイス一覧」の表示方法を改善
ペアレンタル・コントロール <新規>
URLフィルタリング:ブラックリスト機能(家族メンバーごとに設定可)
2017/6/27 1.2.187 ペアレンタル・コントロール <改善>
インターネット時間制限:午前 0 時をまたぐ時間設定が可能に
セキュリティ パターン等のセキュリティ・アップデート
その他 微細なバグの修正
2017/5/15 1.0.169 セキュリティ パターン等のセキュリティ・アップデート:
下記4種類のランサムウェア「WannaCry/Wcry」対策のパターンを追加
1.1133635 SMB Microsoft MS17-010 SMB Remote Code Execution -1
2.1133636 SMB Microsoft MS17-010 SMB Remote Code Execution -2
3.1133637 SMB Microsoft MS17-010 SMB Remote Code Execution -3
4.1133638 SMB Microsoft MS17-010 SMB Remote Code Execution -4
2017/4/17 1.0.163 セキュリティ パターン等のセキュリティ・アップデート:
下記2種類の最新脅威を検知・ブロック対象に追加
1.インターネット機器を狙うマルウェア「BrickerBot」
2.Microsoft Office製品 の脆弱性「CVE-2017-0199」
2017/4/13 1.0.161 セキュリティ <改善>
安全でないHTTPSドメインとIPアドレスのブロック機能を追加
パターン等のセキュリティ・アップデート
ホームネットワーク可視化 <新規>
デバイス一覧:デバイス認識に関するチュートリアルを追加
<新規>
デバイス一覧:デバイス追加ツールを追加(追加するデバイスにブラウザ機能が必要)
ペアレンタルコントロール <新規>
URLフィルタリング:承認済みリスト(Webサイトのホワイトリスト)の機能を追加
<新規>
URLフィルタリングの設定でWebサイトがブロックされた場合、家族が閲覧許可を申請できる
<改善>
帰宅通知の対象となるデバイスを個別に指定可能に
その他 微細なバグの修正
2017/3/3 1.0.152 セキュリティ パターン等のセキュリティ・アップデート
ペアレンタルコントロール <改善>
「URLフィルタリング」のアラート通知から、フィルタリング対象となったURLを開けるように修正
その他 微細なバグの修正

初年度は本体代と1年間のサービス費用合わせて
9,900 円(税込)

※ 次年度以降もサービス契約の継続をご希望される場合は更新費用として年間6,600円(税込)が必要となります。

  • 本製品をお使いになる前に、サービス利用規約を必ずお読みください。アプリインストール時に表示されるサービス利用規約が、本製品の利用に関するお客さまとの契約内容になります。
  • 本製品により可視化される情報および本製品により収集される脅威の情報等の詳細はサービス利用規約上方の「プライバシーと個人データの収集に関する規定」に記載されています。ご使用前に必ずお読みください。
  • ご購入時には別途送料が必要となります。
  • 本ページ記載の内容は2019年11月19日現在の情報をもとに作成されたものです。今後、価格の変更、仕様の変更、バージョンアップ等により、内容の全部もしくは一部に変更が生じる可能性があります。