ウイルスバスター クラウドは、日々進化・巧妙化する脅威に対して迅速に対応。
多層防御で被害を未然に防ぎます。

※ 全ての脅威に対応するものではありません。
 

AI(人工知能)技術で多層防御を強化し、未知の脅威*から守る

XGenは、AI(人工知能)等の先進技術と実績のある既存技術を融合したクロスジェネレーションの多層防御により、多様化・巧妙化する脅威に対応する防御アプローチです。
新しいウイルスバスター クラウドは、AI技術を搭載した機械学習型スキャンを多層防御に組み込むことでXGenを実現し、未知の脅威に対する防御力がより一層向上しました。

※ 全ての脅威に対応するものではありません。
 

※1  AI技術はWindows版のみの対応です。
※2 すべての未知の脅威に対応するものではありません。

AI技術により、続出する脅威の亜種や未知の脅威をより迅速に防御し、未然に対応することができます。一方、実績のある既存技術との融合により、AIによる誤/過検出を抑制し、適切なタイミングで適切な対策技術を適用することで軽さと防御力を両立させることが可能になります。

 

機械学習型スキャン

AI(人工知能)技術を活用し、ファイルの特徴やふるまいの特徴から未知のファイルが脅威かどうかを判別します。また、トレンドマイクロ スマートプロテクションネットワークにあるホワイトリストやアプリケーションの普及度情報、既存の成熟した技術との組み合わせにより、誤/過検出を抑制します

※ ウイルスバスター for Mac は除きます。
※ 全ての未知の脅威に対応するものではありません。

ユーザのデータを人質にとり、身代金を要求する 「ランサムウェア」の不正な挙動を検知して防ぎます。

「ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)」は感染した端末を勝手に暗号化することによって使用できなくしたのち、元に戻すことと引き換えに「身代金」を要求するウイルスです。ランサムウェアは、2016年国内でも深刻な被害をもたらしたサイバー犯罪です。主な感染経路はWebサイトとメールです。Webサイトを感染経路として使うケースでは、OSやソフトの脆弱性を突く攻撃をしかけることがあります。脆弱性を放置したままのパソコンでは、犯罪者に不正に書き換えられた一般のWebサイトを閲覧しただけでランサムウェアに感染してしまうのです。

フォルダシールド

未知のランサムウェア等の疑わしいプログラムが、あらかじめ指定されたフォルダやクラウドストレージ(Dropbox、Google ドライブ、OneDrive)と同期するフォルダ、パソコンに接続されたUSBメモリや外付けストレージ内のファイルにアクセスするのをブロックし、大事なデータを保護します

※ 全ての未知の脅威に対応するものではありません。

マルチフォルダ対応
複数フォルダを保護できるようになりました。

クラウドストレージ対応
Dropbox、Google Drive、 OneDriveと同期するフォルダを自動的に検出して保護します。

USBメモリ / 外付けストレージ対応
万が一、PCが未知のランサムウェアに感染した状態でUSBメモリやHDDドライブ等の外付けストレージがPCに接続された場合も、データが暗号化されてしまうのを防ぎます。

macOS にも対応
ウイルスバスター for Macにフォルダシールド機能を搭載しました。

ランサムウェア対策 (自動バックアップ/復元)

未知のランサムウェア(身代金要求型ウイルス)がデータを不正に暗号化したり、変更する動きを検知してブロックします。また、ファイルが暗号化/変更される前にファイルを自動でバックアップし、ブロックした際に暗号化されてしまったファイルを復元します

※ ウイルスバスター for Mac は除きます。
※ 全ての未知のランサムウェアに対応するものではありません。

気付くのが難しい不正広告からの脅威や、偽のサポートセンターへ誘導するサポート詐欺サイトから多層で防ぎます。

最新の脅威は正規Webサイトの改ざんや不正な広告により、サイトを見ただけで脆弱性を通じて端末に侵入します。
また、偽のサイトで個人情報を入力させるフィッシング詐欺や偽のセキュリティ警告文を表示して偽のサポートセンターへの電話するよう仕向けて金銭を要求するサポート詐欺など、ネット詐欺も増加しています。

気付けない脆弱性攻撃を多層でブロック。脅威の侵入からあなたを守ります。

 

サポート詐欺対策

偽のセキュリティ警告文を表示し、偽のサポートセンターへ電話するように仕向けるサポート詐欺サイトが表示された際にポップアップ画面を表示し、電話をしないよう警告を行います

※ ウイルスバスター for Mac は除きます。

感染すると金銭被害が深刻化するネットバンキングを狙った脅威を セキュリティ証明書チェッカーで防ぎます。

従来までの暗号化通信(https:)であれば安全という考え方が通用しない場合があります。
ネットバンキング等で用いられる暗号化通信を偽装する攻撃が確認されており、この攻撃にあいネットバンキングを利用すると深刻な金銭被害が生じます。

攻撃者は不正な証明書を送りこみ、正規の暗号化通信に見せかけた通信でユーザの情報を盗みます。

「セキュリティ証明書チェッカー」なら、不正な証明書を用いた正規サイトとの通信に見せかけた中間者攻撃をブロック。通信傍受やなりすましによる被害を防ぎます。

スマホ、タブレットなどデバイスごとに手口を変え不正サイトに誘導する脅威をマルチデバイス対応で防ぎます。

フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺といったWebの脅威はパソコンだけが標的ではありません。
今やパソコン同様に重要な情報が保存されているスマホやタブレットも攻撃者の標的となっています。
これらの誘導手口ではアクセスしたモバイルデバイスの OS によって表示させるメッセージを使い分けており、Androidスマホやタブレット、iPhone、iPadなど、機種やOSを問わず攻撃対象となるのが特徴のため、Androidユーザだけでなく、iPhoneユーザも同様に警戒が必要です。

ウイルスバスター クラウドは、パソコンやスマートフォン、タブレットにお好きな組み合わせで3台※1までインストール可能。Windows、Mac、Android、iOSに対応しています※2

※    OSにより提供される機能が異なります。
※1   1台にOSがひとつの場合。
※2   対応OSについては動作環境をご参照ください。

同じ詐欺サイトにアクセスしても、OSごとに異なるサイトに誘導する詐欺手口