保険詳細

2016/1/6をもちまして、こちらの製品のご提供は終了しております。

なお、ウイルスバスター クラウド + 保険&デジタルライフサポートのご契約期間内は、クレジットカード保険は有効となります。

クレジットカードの不正使用を年間最高100万円まで補償します。また被害の都度1万円をお見舞金として別途お支払いします。※ユーザ登録したご本人さまに限ります。また法人のお客さまは対象外となります。引受保険会社:アメリカンホーム保険会社

クレジットカードが不正使用される例

オンラインショッピングで・・・

インターネットでショッピングやオークションを利用したときに、クレジットカード情報がフィッシングされ、買い物などに不正使用された場合。

通常のショッピングで・・・

クレジットカードから情報のスキミングをされ、買い物などに不正使用された場合。クレジットカードを盗難、偽造され、買い物などに不正使用された場合。

※ 補償の対象はユーザ登録したご本人に限ります。また、法人のお客さまは対象外となります。

クレジットカード会社から補償を受けられない部分の損害を補償します

補償内容は1年版と2年版と3年版があります。1年版は年間最高100万円まで補償、被害の都度お見舞金1万円をお支払いします(※)。2年版は年間最高100万円までの補償を2年間、被害の都度お見舞金1万円をお支払いします(※)。3年版は年間最高100万円までの補償を3年間、被害の都度お見舞金1万円をお支払いします(※)。

※ ただし故意・重大な過失による損害は除きます。
※ 2台目以降で、識別用ニックネームのみ登録される方は、保険の対象外となります。
※ 補償の対象はユーザ登録したご本人に限ります。また、法人のお客さまは対象外となります。なお、補償にあたり警察署へ被害届のご提出が必要となります。

クレジットカード会社で補償されない場合とは

  • 暗証番号を生年月日など、他人から類推されやすい番号としていた場合
  • クレジットカード裏面のサインが漏れていた場合

* クレジットカード会社の補償範囲は各クレジットカード会社により異なります。補償範囲については各クレジットカード会社にご確認ください。

例1 盗難カードでキャッシング

1. 財布ごとクレジットカードを盗まれ、キャッシングで50万円引き出された。

2. 暗証番号を自分の生年月日にしていたため、財布内の運転免許証に記載されている生年月日から暗証番号を類推された。

3. 被害者に過失があったため、クレジットカード会社は損害額の50%(25万円)を補償した。

例1の補償は補償額25万円と見舞金1万円でお支払額合計26万円です。

例2 海外旅行中にクレジットカード盗難

1. 海外旅行先でゴールドカードが盗まれた。

2. カードの裏面へのサインを怠っていたため、200万円分の買い物に不正使用された。

3. 被害者に過失があったため、クレジットカード会社は損害額の50%(100万円)を補償した。

例2の補償は補償額100万円と見舞金1万円でお支払額合計101万円です。