オンラインスキャン for Home Network で検出されることの多いリスク項目についてご案内します。
オンラインスキャン for Home Networkを利用中にトラブルが発生した場合はこちらをご確認ください。

ホームネットワークのセキュリティでは、ネットワークの出入り口となるルータの設定が重要ですが、設置以降、セキュリティ設定の見直しは行われていますか?

ルータに関するリスクが検出された場合は、以下の対応を行ってください。

ルータの設定に関する見直しのお勧め

Wi-Fiルータの接続パスワード及び、暗号化の設定を行いましょう

Wi-Fiルータで接続パスワード、暗号化の設定が行われていない場合、近距離にいる他人が勝手にネットワークに接続できる状態にあります。また、通信内容を第三者に盗み見られるリスクもあります。

Wi-Fiルータでセキュリティ強度の高い接続パスワードを設定しましょう。また、Wi-Fiルータと接続するデバイス間の通信の暗号化にはセキュリティ強度の高いWPA2を設定しましょう。もしも利用中のルータでWEP方式しか選択できないようであれば、買い替えをお勧めします。

各デバイスの管理画面へのアクセス方法は、取り扱い説明書やメーカーのホームページから確認できます。

Wi-Fiルータ通信の暗号化強度をセキュリティ強度の高いものに変更しましょう

そもそも暗号化していない通信や短時間で解読可能なWEPのような暗号化強度の弱い方式を利用している場合、通信内容を第三者に盗み見られるリスクがあります。

Wi-Fiルータと接続するデバイス間の通信の暗号化にはセキュリティ強度の高いWPA2を設定しましょう。もしも利用中のルータでWEP方式しか選択できないようであれば、買い替えをお勧めします。

各デバイスの管理画面へのアクセス方法は、取り扱い説明書やメーカーのホームページから確認できます。

ルータのSSIDをブランド・モデルが推測されにくいものに変更しましょう

Wi-Fiルータのブランドやモデルが推測できるSSID(ルータの識別コード)を利用している場合、そのWi-Fiルータの管理画面のパスワードが推測されたり、脆弱性(セキュリティ上の弱点)を悪用され攻撃者に狙われるリスクがあります。
Wi-FiルータのSSIDを変更し、ブランドやモデルが推測されにくいものにしましょう。

各デバイスの管理画面へのアクセス方法は、取り扱い説明書やメーカーのホームページから確認できます。

Wi-Fiルータの接続パスワードをセキュリティ強度の高いものに変更しましょう

推測可能なWi-Fiの接続パスワードを利用している場合、他人がネットワークに接続できるリスクがあります。
Wi-Fiの接続パスワードをセキュリティ強度の高いものに変更しましょう。

各デバイスの管理画面へのアクセス方法は、取り扱い説明書やメーカーのホームページから確認できます。

ホームネットワークに接続されている様々なデバイスにはネットワークの接続に関するセキュリティの設定項目があります。設定に不備があると、外部からの攻撃を受けるリスクが高まります。

次のようなリスクが検出された場合は、以下の対応を行ってください。

ホームネットワークに接続するデバイスの設定に関する見直しのお勧め

管理画面のパスワードをセキュリティ強度の高いものに変更しましょう 

Webカメラやルータなど、ホームネットワークに接続するデバイスの設定管理画面が初期パスワードのままの場合、悪意のある第三者に不正アクセスされるリスクが高まります。リスクが検出されたデバイスの管理画面のパスワードをセキュリティ強度の高いものに変更しましょう。

各デバイスの管理画面へのアクセス方法は、取り扱い説明書やメーカーのホームページから確認できます。

デバイスへの外部からの接続設定を見直しましょう

外部からホームネットワーク内のデバイスにアクセス可能な場合、攻撃者から狙われるリスク、悪意のあるソフトウェアから攻撃されるリスクがあります。
外部からの接続状況の見直しを行い、「接続制限を行う」、「必要最小限の公開情報にとどめ、アクセス管理を行う」、などセキュリティを考慮した設定を行ってください。接続制限や各種設定はルータの管理画面 、もしくは各種デバイスの管理画面で行います。

各デバイスの管理画面へのアクセス方法は、取り扱い説明書やメーカーのホームページから確認できます。

Wi-Fiルータの暗号化方式について

Wi-Fiルータの暗号化方式にはWEP、WPA、WPA2とよばれる3つのものがあります。
そのうちWEPはセキュリティの強度が低いことから現在は短時間で解読されてしまうことがわかっているため認証用ID/パスワードが簡単に取られてしまう危険性があります。Wi-Fiルータの暗号化にはよりセキュリティ強度の高いWPA2を設定することをおすすめします。

おすすめのパスワードの作り方

パスワードを変更する際、使用できる文字種をランダムに散りばめ、第三者に推測されにくいパスワードを設定しましょう。
ダメなパスワードの例: 1234, password, qwerty
お勧めのパスワードの作り方: 文字数は13文字以上程度、文字種にはアルファペット(大文字、小文字)、数字、記号のうち、使用できる文字種3種類以上をランダムに散りばめ、第三者に推測されにくいものにする

 合わせて読んでみよう

トラブルが発生した場合

アンインストールができない場合

以下のサポートツールをダウンロードして、「プログラムのアンインストール」をお試しください。

スキャンが途中で止まってしまう、などのエラーが発生した場合

ご迷惑おかけし申し訳ございません。以下のサポートツールをダウンロードして、「デバッグログの送信」からログをトレンドマイクロまでお送りください。製品を改善できるよう努めさせていただきます。
ログ送信後、こちらのアンケートページから問題の症状を記載いただけますと調査がスムーズに進められます。

サポートツールのダウンロード

本サポートツールの使用許諾はオンラインスキャン for Home Networkに準じます。「デバックログの送信」を利用した場合、デバック情報及び、ネットワーク内のデバイス情報が送信されます。個人情報等は送信されません。トレンドマイクロはこの情報を製品改善用途に限って使用します。

ホームネットワークをもっと安全に使うために

ウイルスバスター for Home Networkを使うことで、スマート家電やIoT機器などの
ホームネットワークに接続する機器を外部からの攻撃や有害サイトへのアクセスから守ることができます。

※ 2017年3月13日現在の情報をもとに作成されたものです。今後、価格の変更、仕様の変更、バージョンアップ等により内容の全部もしくは一部に変更が生じる可能性があります。
※ TREND MICROおよびウイルスバスターはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。記載されている会社名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。
※ 本製品をお使いになる前に使用許諾契約書を必ずお読みください。