解析者: John Rey Canon   

 別名:

Trojan.Win32.Shadowbrokers.bd (Kaspersky); Trojan.Win32.S.ShadowBrokers.57344 (ViRobot)

 プラットフォーム:

Windows

 危険度:
 ダメージ度:
 感染力:
 感染確認数:
 情報漏えい:

  • マルウェアタイプ:
    トロイの木馬型

  • 破壊活動の有無:
    なし

  • 暗号化:
    なし

  • 感染報告の有無 :
    はい

  概要

感染経路 インターネットからのダウンロード, 他のマルウェアからの作成

トレンドマイクロは、このマルウェアをNoteworthy(要注意)に分類しました。

マルウェアは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトからユーザが誤ってダウンロードすることによりコンピュータに侵入します。

マルウェアは、不正リモートユーザからのコマンドを実行し、感染コンピュータを改ざんします。

  詳細

ファイルサイズ 57,344 bytes
タイプ EXE
メモリ常駐 はい
発見日 2018年12月6日

侵入方法

マルウェアは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトからユーザが誤ってダウンロードすることによりコンピュータに侵入します。

インストール

マルウェアは、以下の Mutex を作成し、メモリ上で自身の重複実行を避けます。

  • nowMutex

バックドア活動

マルウェアは、不正リモートユーザからの以下のコマンドを実行します。

    その他

    マルウェアは、以下を実行します。

    • マルウェアは、以下のコマンド&コントロール(C&C)サーバに接続します。
      • {BLOCKED}.{BLOCKED}.55.211:25
    • マルウェアは、不正リモートユーザからの以下のコマンドを実行します。
      • 0x20 - サーバからデータをダウンロードし、mailslotの作成
      • 0x300 - 各プロセスにコードの挿入
      • 0x380 - Microsoft Exchageのレジストリの設定
      • 0x400 - ファイルとフォルダのリストの入手
      • 0x401 - ファイルをサーバにアップロード
      • 0x403 - ファイルの削除
      • 0x500 - 接続の確認
      • 0x1000 - プロセスの終了
      • フォーマット文字列メッセージ
        • 0x201
        • 0x202
        • 0x203
        • 0x204
        • 0x206 または 0x207
        • 0x280
        • 0x281
        • >= 0x285
        • 0x290、0x291 または 0x292

      対応方法

    対応検索エンジン: 9.850
    初回 VSAPI パターンバージョン 14.670.04
    初回 VSAPI パターンリリース日 2018年12月6日
    VSAPI OPR パターンバージョン 14.671.00
    VSAPI OPR パターンリリース日 2018年12月7日

    手順 1

    Windows XP、Windows Vista および Windows 7 のユーザは、コンピュータからマルウェアもしくはアドウェア等を完全に削除するために、ウイルス検索の実行前には必ず「システムの復元」を無効にしてください。

    手順 2

    「Trojan.Win32.TILDEB.A」で検出したファイル名を確認し、そのファイルを終了します。

    [ 詳細 ]

    • すべての実行中プロセスが、Windows のタスクマネージャに表示されない場合があります。この場合、"Process Explorer" などのツールを使用しマルウェアのファイルを終了してください。"Process Explorer" については、こちらをご参照下さい。
    • 検出ファイルが、Windows のタスクマネージャまたは "Process Explorer" に表示されるものの、削除できない場合があります。この場合、コンピュータをセーフモードで再起動してください。
      セーフモードについては、こちらをご参照下さい。
    • 検出ファイルがタスクマネージャ上で表示されない場合、次の手順にお進みください。

    手順 3

    最新のバージョン(エンジン、パターンファイル)を導入したウイルス対策製品を用い、ウイルス検索を実行してください。「Trojan.Win32.TILDEB.A」と検出したファイルはすべて削除してください。 検出されたファイルが、弊社ウイルス対策製品により既に駆除、隔離またはファイル削除の処理が実行された場合、ウイルスの処理は完了しており、他の削除手順は特にありません。


    ご利用はいかがでしたか? アンケートにご協力ください