• TOP
  • ニュース一覧
  • ビルシステム「サイバーセキュリティ対策ガイドライン」を正式公開|経産省
2019/06/19

ビルシステム「サイバーセキュリティ対策ガイドライン」を正式公開|経産省

経済産業省(産業サイバーセキュリティ研究会)は6月17日、「ビルシステムにおけるサイバー・フィジカル・セキュリティ対策ガイドライン第1版」を公開しました。

エレベーターや空調設備、監視装置や入退管理機器、パワーサプライ等、ビルシステムは多くの制御系機器を有しており、BEMS(ビルエネルギーマネジメントシステム)対応、クラウド化、IoT活用等のネットワーク化・相互接続も進んでいます。一方で、ビルシステムを対象としたサイバー攻撃が、すでに複数発生しています。

本ガイドラインは、こうした設備制御におけるサイバーセキュリティの確保を目的に、対策の着眼点や具体的対策要件を体系的に整理した内容です。2018年9月にベータ版が発行され、今回パブリックコメントを反映し、正式な第1版として策定されました。ビルシステムに対するサイバーセキュリティ対策についてガイドラインを策定するのは、世界的に見ても先進的な取り組みとのことです。

具体的な対象者としては、ビルオーナー、ゼネコン、設計事務所、個別システム事業者、ビル管理会社、テナント、サービスプロバイダ、自治体・関係省庁と、全ステークホルダーを想定。策定の目的、ビルシステムをめぐる状況、対策の考え方等を説明したうえで、ビルシステムに対する脅威について場所ごと・機器ごとに分類し、考えられるインシデント、リスク源、その対策要件をポリシーレベルで整理しています。同時に、ライフサイクルのフェーズごとに取るべき対応策を紹介しています。

ガイドラインは、経済産業省サイトからPDFファイルのダウンロード・閲覧が可能です。


ガイドラインの構成

ガイドラインの構成

おすすめの動画

IoTで広がる世界とそのセキュリティ

運営社情報

セキュリティブログ
is702
PageTop