• TOP
  • ニュース一覧
  • 国際電気標準会議、スマートホームに関する日本の提案を承認へ
2018/01/23

国際電気標準会議、スマートホームに関する日本の提案を承認へ

経済産業省は1月22日、スマートホームに関する日本の提案を「国際電気標準会議」(IEC)が承認したことを発表しました。

近年スマートホーム分野では、エネルギーマネジメントに加えてIoT技術の導入が進んでいます。一方でさまざまなリスクが高まっているため、経済産業省の委託により、産業技術総合研究所とミサワホーム総合研究所が、国際標準化に関する検討を進めていました。今回、この検討結果をもとに、日本がIECに新業務項目提案(NP)を行い、これが承認されました。

日本が提案したのは「つながる住宅環境における協調的複数システム-電気/電子安全関連システムの機能安全-自立生活支援の観点から」で、スマートホーム分野において、同時動作する機器やシステムの機能・安全について規定する内容です。

具体的には「居住者の種類(高齢者、乳児等)を考慮した安全度水準の定義」「上記の安全度水準を用いた、リスク評価の手順」の2項目となっており、この提案をもとに、今後は国際標準の開発が始まります。国際標準として発行されることで、標準に基づき安全対策が講じられた機器やシステムが、将来的に提供される見込みです。

なお今回の提案は、機能安全に関する基本規格「IEC61508(Functional safety of electrical/electronic/programmable electronic safety-relate dsystems;電気・電子・プログラマブル電子安全関連の機能安全)」に則った内容とのことです。

おすすめの動画

IoTで広がる世界とそのセキュリティ

運営社情報

セキュリティブログ
is702
PageTop