「Windows Vista」をご利用のみなさまへ
マイクロソフトによる延長サポートが今年で終了
速やかな新製品への移行を

マイクロソフトは日本時間2017年4月11日に「Windows Vista」の延長サポートを終了します。これに先立ち、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は2月10日、速やかな移行を行うよう、ユーザに注意を呼びかけました。

  サポート終了後のOSを利用する危険性

サポートが終了した OS および Service Pack は、セキュリティパッチや不具合等の修正が提供されません。
そのため、サポート終了した OS に脆弱性(ぜいじゃくせい)が発見された場合、脆弱性を利用した攻撃に対して無防備な状態になり、PCの乗っ取りや情報漏えいの危険が高まります。より安全性の高い製品を安心してご利用いただくためにも最新の Windows OS にアップグレードいただくことやコンピュータ製品の買い替えをご検討ください。

なお、Windows 7は2020年1月14日に、Windows 8/8.1は2023年1月10日に、Windows 10は2025年10月14日に、延長サポートが終了する予定です。

  ウイルスバスターのWindows Vistaサポートについて

Windows Vista に対応しているウイルスバスターの操作に関しては、製品サポートが続く限り対応いたします。しかし、トラブルについては OS に起因する技術的問題が発生した場合、調査および解決することができない状況になる可能性があります。そのため、Windows OS のアップグレードやコンピュータ製品の買い替えをご検討ください。

Copyright © 2020 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.