同じ内容の不必要な重複ファイルがMacの中にあった場合、ハードディスク/SSDの容量を圧迫します。
重複ファイルスキャン機能はあなたのMacの中にある重複ファイルをスキャンの上、一覧にしてお知らせします。
削除するか保持するかは結果画面でご選択いただけます。ライトクリーナーがお客さまの許可無しに自動で重複ファイルを削除することはありません。

スキャン結果画面で”自動選択”を選択した場合、ライトクリーナーは以下の基準に沿って重複ファイルを選択します。
重複ファイルを認められたファイルのうち、1ファイルは保持されます。
・フォルダの場所
・編集日時
・ファイル名称
・その他、いくつかの条件

重複ファイルスキャンは限られたディスク容量を効果的に使うために有効なツールです。
・写真、音楽やその他の様々なファイル形式をサポート
・早くて正確なスキャン方法

ライトクリーナー はシステムファイルに影響を与えることなく、お使いのMacを素早く簡単、安全にクリーンアップします。ワンクリックするだけで不要なファイルを自動的に削除できます。

メールのキャッシュ

メールの添付ファイルは、メールソフトで開いて参照する際に一時的にディスクに保存されます。メールのキャッシュを削除しても、元のメールや添付ファイルには影響ありません。

アプリのログ

アプリケーションによってはログファイルを作成するものがあり、ログファイルがディスク容量を圧迫する場合があります。ログファイルを削除することでディスク容量を回復できます。

アプリのキャッシュ

キャッシュは一部のアプリケーションで処理速度を上げるために使われます。アプリケーションによっては、キャッシュや一時ファイルは使用後に削除されません。これらのファイルが削除されずに残ると、ディスク容量を圧迫する場合があります。

iTunesの一時ファイル

iTunesでは、お使いのデバイスのiOSのアップデートやアプリのインストールを行えます。この作業を行うと、一時キャッシュファイルが生成されます。これらのファイルは作業後に不要となるため、削除してディスク容量を回復できます。一時ファイルを削除しても、音楽ファイル、画像、その他の個人用ファイルは削除されません。

ライトクリーナー は必要なときだけ、自動的にメモリを最適化します。このアプリを使用することで、メモリ最適化をシンプルにします。

アプリケーションメモリ

アプリの使用容量

キャッシュ

一時ファイルの使用容量

固定メモリ

ディスクにキャッシュできず、RAM 内に置いておく必要のあるメモリの使用容量。このメモリを別のアプリに使用することはできません。

圧縮メモリ

圧縮されたRAM内のメモリの使用容量

使用済み

使用中のメモリの合計。この合計にはアクティブおよび非アクティブなメモリが含まれます。