お客さまの環境をクラウド守る

時代や環境の変化に柔軟に対応、
Security as a Service

― クラウドから提供されるセキュリティで、効率的な運用管理を実現 ―

セキュリティをクラウドからサービスとして提供する (Security as a Service)

セキュリティもクラウドから提供される時代――

管理サーバのメンテナンスを不要とし、自動アップデートにより運用管理工数を大幅に削減、さらにトータルコストの削減も見込める「サービスとしてのセキュリティ (SaaS)」。

本ページでは、最新の脅威に対応しつつ、セキュリティ部門における人的リソースの不足にも対処する、エンドポイントとメールセキュリティの SaaS を紹介します。

Security as a Service の主なメリット

  • オンプレミスの管理サーバが不要になるため、管理工数を大幅に削減
  • トータルコストの削減が可能
  • テレワークで増加する持ち出しPCの管理が簡単
  • Microsoft office 365をはじめとしたクラウドサービスに対してセキュリティを容易に追加可能

クラウド基盤を活用した、新しいインシデント対応へ

トレンドマイクロが提案する Detection & Response の新しいアーキテクチャ、Trend Micro XDR。

クラウド上のデータレイクにメール、エンドポイント、サーバ、ネットワークといった各レイヤーのアクティビティデータを集約し、AI とエキスパートによって環境を横断した脅威を可視化、対処を行います。

トレンドマイクロの SaaS は単一レイヤーでの Detection & Response を超えて、XDR に進化します。

最新の脅威情報やそれに対応するSaaSソリューション一挙公開

現在、「エンドポイントの運用効率化」のコンテンツが表示されております。
上記タブ「EDRの検討」「Microsoft office 365などメールセキュリティ強化」をクリックいただくと以下掲載以外にも複数のコンテンツをご覧になれます。ぜひクリックしてご覧ください。

実事例から見る 警戒すべき脅威と対策

エンドポイントセキュリティの未来
-ウイルスバスターCorp.からApex One SaaSへ -

Trend Micro Apex One マイグレーションガイド

Apex Oneバージョンアップガイド

複数社の事前検証で見えてきた
Trend Micro Apex Oneの実力

CEOが語る、トレンドマイクロ クラウドセキュリティ戦略とは

「マルウェア感染時の原因調査を行いたい」「効率的なインシデント対応を実現したい」といった方にご参考にいただける情報を用意しております。ぜひご覧ください。

Trend Micro Apex One の EDR を
活用した効果的な
インシデントレスポンスのご紹介

XDRとは何か
 
 

巧妙な標的型攻撃の手口を
デモ動画で解説

Trend Micro Researchの取り組み


CEOが語る、トレンドマイクロ クラウドセキュリティ戦略とは
 

「Microsoft office 365のセキュリティを強化したい」「メールセキュリティを強化したい」といった方にご参考にいただける情報を用意しております。ぜひご覧ください。

Symantec Email Security.cloud
ご利用中のお客様へおくる、
トレンドマイクロ クラウド型
メールセキュリティ移行のお誘い
<NEWコンテンツ>

被害が続くメールの脅威。
その対抗策- 変化を続けるEMOTETから考える対策のポイントとは
 
 

Microsoft office 365
をより安全に利用するために
 
 
 

BEC対策新技術
Writing Style DNA

なりすましメールからの保護
 

ビジネスメール詐欺の功名な手口
 

東急電鉄:メールのセキュリティ検討から不審なメールブロック強化実現まで

弘前大学:不正メールの検出精度の向上と業務負荷軽減を実現
 

Copyright © 2020 Trend Micro Incorporated All rights reserved.